Webライター必見!絶対読まれる記事タイトルの付け方3選




Webライターのみなさまに質問です!

魅力的な記事タイトルの付け方を知っていますか?

記事タイトルは、その記事の顔にあたる部分。ここが魅力的でなければ、実際に記事を読んでもらうのは難しいでしょう。

今回は、記事タイトルの付け方でお悩みの人に向けて「確実に読まれる魅力的な記事タイトルの付け方」を3つご紹介します。

スポンサードサーチ

1.具体的な数字を含める

記事タイトルに具体的な数字を含めることで、その記事に対する信憑性を高めることができます。

たとえば、以下2つの記事タイトル。

  1. 浪人生必見!偏差値が上がる方法
  2. 浪人生必見!3ヶ月で偏差値が30から70まで上がる方法

この2つでは、どちらの記事タイトルがより信憑性が高く説得力があるでしょうか?

もちろん、2の「浪人生必見!3ヶ月で偏差値が30から70まで上がる方法」ですよね。

読者は記事タイトルを見て、その記事に含まれる情報が自分にとって必要なものか、それとも不必要なものかを瞬時に判断します。

たとえばすでに偏差値が60ある人は、この「3ヶ月で偏差値が30から70まで上がる方法」の記事を読もうとはしないでしょう。

逆に、現在偏差値が30ありこれから70を目指す人は、この記事タイトルをクリックする確率が高いです。

記事タイトルに数字を含めることで、読者にとってその記事が有益かどうか判断材料を与えることができるのです。

2どんなメリットがあるのかわかりやすい

読者がその記事を読む理由は、自分にとってメリットがあると判断したから。

言い換えると、その記事には自分の必要とする情報が盛り込まれていると判断したから、その記事タイトルをクリックするのです。

つまり記事タイトルに、この記事を読めばどんなメリットがあるのかをわかりやすく書くことが重要。

具体的には、記事タイトルの最初に「1万PVを目指す人に朗報!」など対象者を限定するフレーズをつけるのがコツ。

たとえば記事タイトルが「PV数を増やす方法」だけだと、この記事が自分に関係する内容かどうかを判断するのは難しく、記事がクリックされる確率は下がります。

しかし、「1万PVを目指す人」と限定することで、現在1万PVを目指したいと思っている層に記事をクリックしてもらえるのです。

クリック率を上げて記事を読んでもらうためには、この記事を読むことで読者にどんなメリットがあるのか?を明確にするのが重要。

2.インパクトのあるワードを盛り込む

魅力的な記事タイトルを付けるためには、パワーワードを盛り込むのが大切です。

パワーワードとは「めっちゃ」「超絶」「最強の」など、読者へ直接的にインパクトを与えられるワード。これらのワードを盛り込むことで、読者が興味をひかれる記事タイトルにできます。

読者が記事を検索した時に、どれも似たような記事タイトルが並んだ場合、読まれるのは印象に残る記事タイトル。

たとえば「美味しいラーメン店3選」よりも「超絶美味しいラーメン店3選」の2記事があった場合、後者のほうが読者は興味を持ちやすいです。

まとめ

記事タイトルは、記事の顔です。
ここが微妙だと、実際に記事を読んでもらうのは難しいでしょう。

しかし、記事タイトル以上に大切なのはコンテンツ。中身です。

パッケージに惹かれて買った商品が、開けてみれば粗悪品でガッカリした。そんな経験はありませんか?

記事タイトルだけを魅力的にしても、実際に中身が伴っていなければ読者を裏切るだけ。このことを忘れずに、顔も中身も魅力的な記事の執筆をしていきましょう!

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど