ニューヨークで東京電力に内定している東大生と話す。一生安泰




スポンサードサーチ

ニューヨーク旅行記 69日目

9月10日(火)

東京電力に内定している東大生と話をする。こんな状況の中でどうしてそんな所に就職するのだろう。

「大学院までずっと原子力を勉強してたから、僕の力で東電を立て直したい。」

口ではなんだかそんなような事を言っていたけれど、本気で言っているようには感じられなかった。

「君は一生安泰だね。」と言って、会話をやめる。

あんだけの大事故があっても潰れない会社ってすごいよな。一生安泰間違いない。僕も東大生だったら行ってたかもな。

だってそういうのってなんだか、楽そうじゃん。出世争いとかなんとか健康に悪そうだけど。いやいや、ただただ妬んでいるだけかもしれない。いいなあ、東電。

ニューヨークコレクションで来るヘアスタイリストさんに髪を切ってもらう。

ニューヨークコレクションの仕事で来ているヘアスタイリストさんに髪の毛を切ってもらう。

「攻めよっか。」と言われて、かなり刈上げてもらった。ジェルで固めておでこ丸出しスタイル。

ニューヨークに来てからやたらと髪の毛を切っている気がする。もうこれで3回目。今度もまたカットモデルとして髪の毛を切ってもらう予定がある。

今までそういう経験がなかったからかすごくテンションが上がる。髪型を変えるってすごいいいリフレッシュになるんだな。見た目が変わると気分も変わる。

そうやってどんどん何でもいいから変えて行くことが飽き性な僕にはあっているかもしれない。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9