ニューヨーク現代アートギャラリー、岡本太郎、ダリはプロレスラー




スポンサードサーチ

ニューヨーク旅行記 48日目

8月20日(月)

ふと、自分は、面白ければなんでもいい。どうせ世界は出鱈目なんだし。とかいうプロレス的世界観で世の中を見ていることに気がつく。

プロレス的世界観の欠点は、きちんと知識と批評性あれば楽しめるのだけど、それがないとただ「どーせさ」とシャに構えている人になってしまう。カニかまえている。カニかま

僕が好きなアーティストも、岡本太郎とかダミアンハーストとかダリとか、プロレスのリングにひょこっと現れて、いきなり「元気ですかー!」とか何とか言っても全然違和感のなさそうな人たち。

僕が、宮台真司のこと憧れるのも、そういうなんというか、プロレス的な胡散臭さというのに惹かれているからだと思う。

現代アートギャラリーのオープニングパーティー

現代アートギャラリーのオープニングパーティーがあった。

何だか無性にイライラする。なんでだ。と、考えていたら、雨が降り出した。やっぱり。

雨の直前には、イライラするし、季節の変わり目には、唇が荒れる。なんて自然と調和のとれた人間なのだろう。と嬉しい気分になる。

と、同時に、ロボットになりたいと思う。めんどくさい

足の太い外人女性の美しさよ。よよよ

僕もあんな風になりたい。

男で生まれるメリットって、何があるんだろう。僕は別にゲイじゃないけど、最近、女が羨ましくてたまらない。

女の人って、なんでも簡単に適応できちゃうような気がする。いーな!

イライラしててもしょうがないので寝ることにする。

1時就寝。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9