ニューヨークのマンハッタンからアストリアへ同級生がやってきた。




スポンサードサーチ

ニューヨーク旅行記 47日目

8月19日(日)

日本から、高校サッカー部の友人がやってきた。

なんだかすかしているような態度を見て腹がたつ。

なんでだろう。

あんまり人に腹をたてないのに。

同級生というのは、すごく特別な存在なのかもしれない。

こいつらには負けたくないと思っているのかもしれない。

別に負けたっていいのに。

どうせ死ぬんだし。

どうせ死ぬんだし。って言葉好きだなあ。

僕の師匠も決まって最後に同じ事をいう。

諦めることって、すっごい楽チンでいいわ。

楽して生きようが、苦労して生きようが、どうせ死ぬという。

え!

生きてる時と死んでる時が実はそんなに変わらないことだとしたら。

って、そんな歌詞がブランキージェットシティの曲にあったなあ。

ビートたけし映画の根底にあるのも、そういう感じじゃないか。

楽しい事も悲しい事も嬉しい事も全て、「感情」っていうひとくくりにできちゃうんだよ。よよよ

なんてこった!

2時就寝。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9