ニューヨーク、マンハッタンで日本のヘアサロン店長にヘアカットしてもらう




スポンサードサーチ

ニューヨーク旅行記 44日目

8月16日(木)

寝れなかった。

同じ宿に泊っている美容師のお姉さんに髪を切ってもらう。

モテそうなヤリチンっぽい、ジェルつけちゃうような髪型にしてもらう。

もっと学生ノリみたいな感じでテキトーにやられると思ってたのだけど、ちゃんと切ってもらえて驚く。

日本の美容室で店長やってたとか。

古着屋さんで、黒いジャケットを買う。

何でもいいから、自分を変えたい。

どうせ死ぬんだし!

負けること前提に話をする人がいるのだけど、ああいう人は、なんなんだろう。

自信の無い人、ハッキリしない人と話をするのは疲れる。

自信の無い人というか、ハッキリしない人と話をするのはなんだか疲れる。

「人生どうなるか分かんない。」って自分で言っているのに、どうしていい方向にどうなるのか分からないとは考えないのだろう。

自分を見ているようで嫌な気持ちになる。

1時20分就寝。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9