岐阜県青少年育成県民会議、ニューヨーク遊学支援事業について




2013年の渡米、ニューヨーク留学のチャンスを与えてくださった「岐阜県青少年育成県民会議」からアンケートが届き記入しています。

ちなみに、まだまだ新たな挑戦者を募集されています。

「岐阜に住民票があること」「18〜30歳」までであることなど条件がありますが、応募したい方、まわりに興味持ちそうな人がいる方は、ご連絡ください。

ご連絡いただいた方には、企画を立て方、書類の記入方法、プレゼン方法など、微力ながらアドバイスさせていただきます。

大げさではなく2013年前とその後では、ぼくの人生、ガラッと変わりました。

びっくりするくらい自由が効く制度ですし、ぼくみたいに実績もほとんどない若者にもチャンスを与えていただきました。スーパーおすすめです!!

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9