押し上げテール。




就職活動が始まるにつれて、何とかしなきゃいかんのだなあ、自分の力が試されるんだなあ、という気がする。

誰かが、なんとかしてくれる。

今でも僕は、こう思っているのだけれど、その「誰か」を、僕の為に「なんとかさせる」には、僕がそれなりの人間じゃなきゃいけないんだと、思うようになってきた。

例えば、ヒモには、ヒモとして生きる才能があるのだ。

だから、働かなくても良いだけ。才能が無い人はヒモにはなれない。働きたくないなら、本気で「働かない」生き方を模索しなければいけない。

才能。

「なんとかなる」

人はなんとかなる。なんとかならない人は、運と実力がないから、なんとかならない。なんとかなる人は、なんとかなるんだ。

なんとかなりたい、から、実力を。

なんとかなりたい。なんとかって、何?

僕はきっと、なんともならない気がしてきた。ハッキリとして。

スポンサードサーチ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9