ダリダリ




最近、ダリにハマっている。

ドヤ顔、スペイン語訛りで自分を「天才」と称して憚らない。
講演会に潜水服で現れ、酸素供給が出来ずに死にかける。
象に乗って凱旋門を訪れる。
「リーゼントヘア」と称してフランスパンを頭に括りつけて取材陣の前に登場する。などなど。
ダリはやっぱり、一流のエンターテイナー。プロレスラー。魅せてくれる。
僕が好きな芸術家たちは、逸話が多い。キャラがたってる。
いきなりプロレスのリングに現れて「ゲンキデスカー!」とか言っても何も不思議じゃないような人、それが僕が求める芸術家。
生き方、人生、その物語こそが芸術。
魅せてくれ!
ダリダリダリダリ。



スポンサードサーチ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Web編集者。岐阜市出身。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米。ニューヨークで修行。落ちこぼれから這い上がったり、独自の人生を切り拓いていく物語が好きです。日本最大級のスキルシェアサービス「ストアカ」で初心者向けWEBライティング講座開講中→http://urx2.nu/KvB9