ブログの文章構成を作る3つのステップ!【誰でも簡単】



ブログを書きたいけれど、どうやって文章構成を作ってよいのか分からない。なんとなく書けたけど、なんだかモヤっとしている。

どうしたら上手にブログの文章構成を作れるのだ!🔥

そんなふうに感じたことはないでしょうか。

本日は、そんなあなたのために「3ステップを踏めば誰でも簡単にブログの文章構成を作れる方法」を紹介します。

この記事で学べること
  • ブログで文章構成を作る3つのステップ
  • ブログで文章構成を作る際の注意点
  • ブログで文章構成を作る際の一番大切なこと

※この記事を読むのにかかる時間は、3分ほどです。3分後には「文章構成の方法が分かった!」となっているはず!

スポンサードサーチ

ブログで文章構成を作る3つのステップ

ブログで文章構成を考えるのに必要なのは、次の3つのステップです。

  1. キーワードを決める
  2. 見出し/もくじを決める
  3. 本文に肉付けをする

1.キーワードを決める

キーワード選定が、ブログの文章構成を作る最重要項目です。

Googleで検索する人の「検索意図=検索する目的、何に困っていて、何を解決したいのか」を考えてキーワードを選びます。

ここがしっかりしていないと、そもそも誰にも検索されない無意味記事になってしまいます。

キーワードを選ぶ方法

とは言え、どんな風にキーワードを選べばよいのか分からないはずなので、ツールを使っていきます。

この中でも、一番簡単な「関連キーワード取得ツール」を使います。

検索キーワードに調べたい単語、この場合では「ブログ」と入れるだけ。関連したキーワードが出てくるので、それでキーワードを選定します。

「KeySearchBeta」を使うと、キーワードを図解して表示してくれるので、これも便利です。

2,見出し/もくじを決める

次に、ブログの見出し、もくじを作ります。

なぜ見出しが重要かと言えば、読者は記事を流し読みするからです。

いきなり文章を熟読してくれる人は皆無。たいていの読者は、流し読みして、見出しを見て内容を把握します。

具体例を用いて説明します

参考記事

長所と短所は表裏一体!自分の強みの見つけ方【5分で診断】

狙っているキーワード

狙っているキーワードは「強み 見つけ方」です。

キーワード選定が終わったら「強み 見つけ方」でググる(Google検索)人の悩みを考えます。

これは「自分の強みが分からない・・・」という人が浮かんできます。

読者の悩み

「自分の強みが分からない。いろいろ調べてみたけれど、結局いまいちピンとこない。簡単に自分の強みが分かる方法があればいいのになあ。」

ここが明確になれば、こういった悩みを持つ読者がどんな「どんな情報を欲しがっているか」を考えます。考えた結果、こちらが見出し/もくじになります。

読者の悩みをもとに考えた見出し/もくじ

  1. 最大の強みは最大の欠点の近くにある
  2. 自分の欠点を徹底的に洗い出そう
  3. 欠点を長所に変えてみよう
  4. 客観的分析ツールを使おう
  5. ストレングス・ファインダーテスト
  6. 無料でサクッと《グッドポイント診断》
  7. さいごに

こんな感じで見出し/見出しが完成しました。

3,本文に肉付けする

出揃った情報に肉付けしていきます。

  • 「最大の強みは最大の欠点の近くにある」ってどういうこと?
  • 「自分の欠点を徹底的に洗い出そう」「欠点を長所に変えてみよう」の理由は?
  • 「客観的分析ツールを使おう」どれを使うの?

これらの見出し/もくじに対して、理由を具体的に説明する文章を作っていきます。

自分で説明するのが大変だったら、他人のツイートを埋め込むという裏技もあります。

こんな感じです。

特に有名人の主張を引用するのは、心理学でいう「権威のトリガー(偉い人の言うことは何故か皆聞く)」にもなるのでおすすめです。

「主張」の型

ブログの構成を考えるときには、「型」を使うと便利です。

  • 主張する
  • 理由を述べる
  • 具体例を述べる
  • 反論への理解を示す
  • もう一度、主張する

自分で考えるより、型に当てはめてしまったほう楽ですから。

ブログで文章構成を作る際の注意点

ブログを書くときに注意する点は2点です。

  1. 読者を明確にイメージすること
  2. 自分が書きたいことを書かない

注意点①読者を明確にイメージすること

どんな人が読者になるのか明確にイメージしましょう。

とは言え、そんなこと言われても困ると思うので次の2つから選ぶと良いです。

  • 過去の自分
  • 身近にいる友人・知人

今書いていること、例えば「強み 見つけ方」についての知識がなかったころの自分を思い浮かべましょう。

過去の自分のことなので、何に悩んでいたか、何に困っていたか、よく分かるはずです。

身近な知人・友人で、興味がありそうな人がいたら、その人に対してならどう書けば伝わるかな〜と、イメージしやすいはずです。少なくとも会ったこともない人をイメージするよりも。

注意点②自分が書きたいことを書かない

有名人でもない限り、あなたが何を考えているかなど興味もたれません。

読者が求めている情報を、ただひたすら奉仕の心で書きましょう。

ただし、さきほど紹介した「主張の型」の「具体例を述べる」のところでなら、自分の経験が記事のオリジナリティにもつながるのが大丈夫です。

ブログで文章構成を作る際の一番大切なこと

ブログの文章構成を作る上で一番大切なことは「読者の疑問を明確に捉える」ことです。

読者の抱えている問題を正確に把握さえできれば、あとは解決する記事を書くだけです。

読者を友人と思って書こう

会ったこともない読者をイメージすると、なんのために書いているのかよくわからなくなります。

あくまでも、身近な友人、過去の自分が困っているんだと思って書いてあげるようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

今日紹介したことを真似するだけで、ブログの文章構成の作成は、かなり簡単になるはずです!

ぜひ試してみてください!



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。大阪芸大卒後、助成金を得て渡米、ニューヨークで修行。画家のアトリエで居候、色々あってWEB編集者に。新しい働き方の実験として、ストアカでライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIA,Drone Agentなど