33歳無職。東大卒。齋藤孝「貧乏のススメ」【あなたは大丈夫!】




50万部のベストセラー「声に出したい日本語」で一躍、人気になった教育学者、齋藤孝先生。

現在は、明治大学文学部教授。東大卒で大学教授なら、さぞ順風満帆な生活を送ってきたのだろうと思いきや、なんと。

33歳まで定職がなく、その日暮らしの生活を送っていたそう。しかも妻1人、子供2人の妻子持ちで!

ネズミが家の中を走っているのを目撃したほどの貧乏の極みを経験したからこそ語れる、貧乏でも腐らずに現在を生きるヒントを「貧乏のススメ」の中から紹介します。

スポンサードサーチ

貧乏時代は感性を研ぎ澄ますのに最適

感性を研ぎ澄ますのに、貧乏時代というのは非常にいい。お金があるとどうしても「次がある」「他の手段がある」と思う。けれど、貧乏だといま勝負するしかない。自分の未来は「いま」にかかっている。

貧乏が悪いものではなく、むしろ良いものだという根拠は、感性を磨くことができるという点にあります。

これは、クリエイティブな仕事に関わる人には、とても共感できることではないでしょうか。

今では世界的建築家になった安藤忠雄さんは、大学に行くお金もない貧乏な方でした。

欲しい本があったけどお金がなくて、いつも本屋に行くたびに端っこに本を隠して「まだあるよな?」と確認していたというエピソードもあるほど。

そんな安藤忠雄さんは、1ドルが360円の時代に、1946年海外渡航が解禁されるやいなや、仕事で得た貯金をはたいて世界中の建築を見て周りました。

お金がないからこそ、ハングリーさが生まれ「次はない」「今がその時だ」と覚悟を持って勉強ができます。

貧すれば鈍する。人間関係だけは貧しくなってはいけない

貧しくなることの一番の危険は、人間関係が貧しくなってしまうことだ。自分の周りに同じような人しかいないと苦しい。

貧乏になることは、良いことばかりではありません。

「貧すれば鈍する」という言葉があるように、人間は、貧しくなると心まで貧しくなってきて、人生自体のクオリティが落ち続けます。

では、どうすればよいのでしょうか。

貧乏から抜け出すそうとしていくときには、モチベーションを維持して、それを上げていく付き合いを維持することが重要だ。人間関係がその人の心の素地・土台を作るのだ。

自尊心を蝕む、一番の原因は、孤独です。

貧しくなると、周りに引け目を感じだしたりするので、ますます孤独になっていきます。

そんなときには、普通に生きている人との接点をもつのが大切です。ボランティアでもいいし、なんでも良いので、自分が社会の一員なんだと思えるような場所に出向いていきましょう。

プライドを捨て笑顔で。先輩や仲間にかわいがられよう

貧乏時代には、やる気や見返す気持ちがあっても、プライドだけは低くしておくことが重要である。見ていると、「おまえ、この状況でプライド出してる場合じゃないだろう」ということがある。「選べる立場じゃないのに」と思う時がある。「誇りをもってプライドを捨てろ」

貧乏だと、ついプライドが、高くなりがちです。

でも、プライドを捨てていかないといけない場合のことの方が多いです。

むっとした顔をすることが、「幼稚だ」とだれも言ってくれない。

これは特にハッとしたのですが、プライドが高い人は、すぐにむっとした顔になります。

それが幼稚だということで、相手に「こいつは大丈夫なのか?」と不安感を与えてしまうのです。

そうしたら、可愛がってくれる先輩や、仲良くしてくれる仲間との、せっかくの交流の機会が台無しになってしまいます。

プライドは高くてもいいけれど、笑顔でニコニコして接しやすい態度で過ごすことが大切です。

さいごに

いまもなぜこんなに働かないといけないのか、よく分からない。

仕事を断っていると、昔の状態に戻るのではないかと、不安になってくる。食っていくのには困らなくなっているのに、すごい不安感で、それに耐えられなくなってくる。

ぼくが、この本を好きな理由は、ここにすべて表現されています。

この本の中には、貧乏を楽しむためのアイデアとして、「磨く 例:やかんを磨く、鍋を磨く」「石を集める」などの、けっこうな無理やりなアイデアが書かれています。

仕事の依頼が来たから無理して書いたんだろうなあ感が、すごく伝わってきて、なんだか感動してしまうのです。

33歳まで無職でも大丈夫なんだ。となぜか思える不思議な本です。ぜひ読んでみてください。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど