欲望を叶えることが自由ではない。ただの奴隷である。

自由ってなんだろう。

普通にしてるだけなのにお腹が痛い、とにかく身体的な不自由感から始まり、思うようにならない人生を生きてきたので、自由に対するあこがれが強い。

自由を考える時、園子温の映画「愛のむきだし」で、エセ神父役を演じ即興で演説した社会学者・宮台真司の台詞が面白いので紹介します。

あなた方は〈ケイヴ〉。地下洞窟に潜った状態です。

かつてプラトンが、こういう比喩を述べています。

「われわれ人間達は、洞窟の中に居て、光を見ることがなく、光によって映し出された、壁面の影を見ているだけ」。

みなさんも、まさしくそう言う、状態です。みなさん方の多くは、欲望のままに振る舞うことを、〈自由〉だという風に思っていらっしゃるかもしれません。欲望に近づくことが、欲望を、自由自在に叶えられることが、光に近づくことでしょうか。

アリストテレスは……欲望や感情のことを、〈パトス〉と呼んでいます。〈パトス〉とは、これすなわち、「降りかかってくるもの」という意味です。

雨や霰も降りかかってきます。さらに、目の前に木があったり、森があったり川があったり山があったりするということこれも〈パトス〉だという風に言います。モノも〈パトス〉。感情や欲望もパトスです。

カントという人は、今のアリストテレスの、議論を踏まえた上で……「欲望のままに振る舞う人間は、〈自由〉の対極にある存在、全き不自由な存在だという風に言います。なにゆえならば、欲望は……性欲は、さまざまな、金銭欲や物欲は、みなさまに、降りかかってくるものです。

欲望のままに振る舞えば、降りかかってくるもののままに、なってしまうということ、これすなわち、不自由そのものです。降りかかってくるものに負けるのではなく、降りかかってくるものにも関わらず、自分自身を自由自在にコントロールできること。

これが、真の自由ということに、なるでしょう。

それでは、真の自由を得たあなた方は、どこに向かえばいいのでしょうか。

皆さんは……旧約聖書その他で、ユダヤ教やキリスト教の、〈原罪〉の観念を学んでいるはずです。……しかしこれは、旧約聖書の時代に、存在した、さまざまな宗教的な観念のごく一部にしか過ぎません。

たとえば〈原罪〉とは何ですか? エデンの園で、ルシファーすなわち悪魔の唆しに応じて禁断の果実すなわち「智慧の実」を食べてしまったということ。これが〈原罪〉の源だという風に皆さんは教わって来たはずです。

しかし、旧約の外典、すなわち、旧約聖書として纏められた話の、そのまた別の話、によれば、まったく逆のことが語られています。ルシファー、みなさん悪魔だという風に教わっていますが、これは「光の人」という意味です。

たとえば、なんとかルクス、ていう風に言いますよね。ルクスとか言いますね明るさを示すために。ルクスとかルシとかいうのは、「光」という意味です。ギリシャ語で言えば、プロメテウス、「火をもたらした人」という、そういう言葉とほとんど同じ意味になります。

すなわち、旧約の外典によれば、ルシファーは、アダムとイヴをそそのかした悪魔ではなく、むしろ、エデンの園の管理人、主宰者、であるところの、ヤーウェ。このヤーウェのもとで……単なる動物的な存在に押しとどめられていた、彼らに、智慧を授け。自分たちの置かれている状態について自覚をさせ。ヤーウェよりももっと上にある、全知全能の神に近づくように、唆したというよりも、奨励した、励ました。そういう存在だという風に語られています。

みなさんが向かうべき光。それは、欲望を自由自在に、思う存分果たすという意味での自由、ということではありません。それは全き、不自由。皆さんは自らの主人となって……ルシファーすなわち光の人の、励ましに応えなければいけません。

さらに。この教団にいらっしゃった皆さんは……世間の、普通の方々に比べれば、むしろ欲望を存分に果たしてきた人が多いでしょう。欲望を単に断念しただけの人間は、自分が、もし、自由自在に欲望を果たせていればなあという風な、妄念を抱きがちです。

しかし、皆さんのように、ありとあらゆる邪な、あるいは猥褻で猥雑な、欲望にまみれた、人生を送ってきた方々は、むしろ「気が済んでいる」というか。こんな状態が、こんな人生が、いつまで続くんだろう。こんな欲望や、煩悩にまみれた生活が、いつまで続くんだろうと。そういう風に思ってきたはずが、そういう方々が多いはずです。

そうしたあなた方こそまさに、光に向かうべき、資格を持っていると言う風に言えます。その意味で、みなさま方はまさに、「選ばれた存在」だと言えるでしょう。

自由とは、自分自身を自由自在にコントロールできること。

自由とは、自分自身を自由自在にコントロールできること。

何でも欲望のままに振る舞うことが、自由だと考えていたので、目から鱗でした。

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど