WEBライターになるには?現役ライターが教える3つの方法

どうやったらWEBライターになれますか?と聞かれることがあります。

「私はWEBライターです!」と今すぐ名乗りましょう。特別な資格は何も必要ありません

そう答えるようにしています。

でも、そんな説明ではなかなか納得していただけません。

そこで本日は、WEBライターとして生計を立てる為の具体的な方法を紹介していきます。

ランサーズなどのクラウドソーシングに登録する

WEBライターはスキルさえあれば、在宅でもできる魅力的な仕事の1つです。

しかし、圧倒的に人材が不足しています。

どこの企業もWEBライティングのスキルを持ちコンテンツを制作できる人材の確保に苦しんでいます。

だから、未経験者にもチャンスがあります!


クラウドソーシング「ランサーズ」

そこで、クラウドソーシング(※1)サービスで有名なランサーズなどに登録しましょう。

ここでは、未経験からでも仕事を受注することができます。

初めのうちは、時給にするとバイトをしていた方がマシな収入しか得られないかもしれません。

しかし数をこなせばそれが実績となり、だんだんと単価も上がっていきます。


未経験から始めるとするならば、1番現実的でオススメのスタート方法です。

(※1)インターネット上で、「外注したい個人や企業」と「受注したい個人や企業」を仲介して繋ぐサービス

WEBライターを募集している企業に就職する




ワークポートキャリコネなどの転職サイトを調べてみると、けっこうWEBライター、編集者を募集している企業があります。

さきほども書いたように、WEBライターは人材が圧倒的に足りていません。

WEBライター専門で募集しているPVモンスターというサービスもあるくらいです。

年齢が若いなどの利点があれば、未経験でも就職することができる可能性が充分にあります。

WEBライティングに限らず、すべての分野に言えることですが、現場で実践しながら覚えるのが1番早くて確実なスキルアップに繋ります

本格的にWEBライターになりたいと考えているならば、思い切って飛び込んでみるといいでしょう。

知人に職場を紹介してもらう、営業をかける




私が現在、ライターとして生計を立てていられているのは、友人からライター不足の会社への紹介があったからです。

毎回毎回単発で終わってしまうクラウドソーシングの仕事は、単価も安いし、悪く言えば“使い捨て”という側面も否めません。

なので一度、自分の周りで、仕事を紹介してくれそうな人を探してみてください。

難しければ思い切って、情報発信に困っている人を見つけて「WEBライティングをやりたいのですが」と営業をかけてみましょう。

最上級に難しいかもしれませんが、やりがいは一番あります。

なぜなら、自分から営業をかけるということは、書きたいメディアを自分で選べるということでもあるからです。

素人的な文章でも何でも良いので、とにかく自分が書いた記事をもって直談判してみましょう。

断られるのがあたり前。ダメ元で頼めば、10のうち1くらいはひっかかるものです。

精神的なタフさが要求されるので上級者向けではありますが、私も実際にこの方法でいくつか新しい執筆先を見つけた経験があります。

さいごに

いかがでしたか?

もっとも現実的なのはやはり、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使ってライターとしての第一歩を踏み出すことです。

人脈、営業力に自信のある方は、いきなり自分で営業をかけてみるのも面白いかもしれません。

副業のお小遣い稼ぎにもなります。

本日紹介した3つの方法を参考に、ぜひWEBライターとしての第一歩を踏み出してみてください。

追記PR

ブログを通してのアフィリエイト、お小遣い稼ぎ、ビジネス展開を考えている方には、次の2冊もおすすめです!無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。DroneAgentでドローンの記事を書いています。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど