武田陽介さんの暗室ワークショップin京都トルボットに参加してきた!




小説家・村上春樹の代表作『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』の海外版の表紙を担当した若手写真家、武田陽介さんによる、暗室ワークショップに参加してきました!

スポンサードサーチ

『写ルンです』を暗室でモノクロプリントへ

講師の武田陽介さんは、1982年愛知県生まれの現代写真家。

荒木経惟、森山大道など日本を代表する作家が所属する、タカ・イシイギャラリーの若手人気作家です。

今回のワークショップのテーマは「光と影」

写ルンですで撮影した写真のネガをつかって、世界で1枚だけのモノクロプリント写真をつくりました!

写真の選定

まずは、写ルンですで撮影したカラー写真を机に並べます。

選定が終了、こちらの機械で作業を始めます。

ラボ内が真っ暗に!暗室作業へ

焼き付ける時間を調整し、ネガから印紙へ。

焼き付いたら、次の順番でプリント用の液体にひたします。

  1. 現像液
  2. 停止液
  3. 定着液

タイマーで90秒セットし現像液へ。停止液と定着液は、短めでした。

完成!!

かっこい!!

写真は、ぼくの故郷・岐阜の家から中学校までの通学路です。

感想/暗室ワークショップを受けてみて

今回のワークショップが、暗室初体験でした。

限定3名、一から丁寧に教えてくれるので初心者の自分でも「こうやってモノクロ写真ってできるんだ!」と楽しむことができました。

薄明かりのなか、自分が撮影した写真が、浮かび上がってくる瞬間の喜び!!

何ものにも代えがたい感動の体験です。

京都・三条の泊まれる写真ラボ「トルボット」

ワークショップの開催場所は、京都・三条の泊まれる写真ラボ「トルボット」です!

オーナーは、細江英公、今坂庸二朗、五木田智央、ヨーガン・アクセルバル、井田幸昌などをコレクションするニューヨーク在住のコレクター。

アート関係者との交友関係が広く、川内倫子のトークショーがおこなわれたりしてます。

宿内には、さきほど紹介した作家の他にも、杉本博司、寺山修司、森山大道、大森準平など、人気作家のレアアイテムが満載!

写真が好き、アートに興味がある方は、ぜったいおもしろいので、ぜひ泊まってみてください!

泊まれる写真ラボ「トルボット」

〒604-8375
京都府京都市中京区西ノ京池ノ内町1−2
TEL 080-7085-0102
talbotkyoto@gmaill.com

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど