24時間365日死ぬまでモテモテ!リップスライム的人生のススメ

ツマンナイ男だね。

この一言ほど、女性に言われて辛い言葉はないように思う。

真面目すぎて、つまらない。真面目ってなんだ。

夏目漱石の”こころ”の中で、先生が主人公に「あなたは真面目ですか?」と聞く場面がある。

彼は、真面目に対して凄く真面目な人物、手もつないだ事ないような女の子に対して「ぼくはお嬢さんを愛しているのだろうか。」とかウジウジ考えてしまうような人。

すごく共感するけれど石頭、それが真面目と言うことなんだと思う。

その原因としては、生まれ育った環境で得た価値観、特に親の価値観から脱皮できていないというのが大きい。

親なんて大抵みんな、善良な小市民なんだから、価値判断の基準が固形化していくのは仕方がない。

硬いまま。

それに対しての非マジメ、死ぬまでモテモテ人生を歩むのはきっと、

リップスライム。ちょっと古いけれど

一人一人ソロで見たら、おや?と思う人もいるけれど、グループになっているから、おや?顔の人もカッコよく見える。

モテる人はモテ人とつるんでいる理論の完全証明

みんな、親や先生、世間一般の意見なんて一切気にしてないように見える、あの軽い振る舞い。

作るんじゃなくて、乗ればいいじゃん、波乗りサーファー精神。

ああいうラフで自由そうな雰囲気の人たちがいる場にいると、それは、みんな集まってくるよね。いいな

リップスライムのメンバーになりたい。そうして、ぼくも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど