本当の幸せを求めて!!笑顔の街フィリピン•バコロドの一般人家庭でホームステイした話

昨年2014年9月から10月までの約一ヶ月間、フィリピン•バコロドのフィリピン人一般家庭にホームステイをしました。

フィリピン・ホームステイにいたった経緯

大阪芸術大学芸術計画学科を卒業してから半年間、ぼくはフィリピンのバコロドという「地球の歩き方•フィリピン」にも数ページしか紹介されていないような小さな街の、小さな英会話学校にいました

目的は、英語を喋れるようになる事でした。昔からいつか世界的に活躍できる人になるという夢があり、その為には英語が必須であると感じていたからです。

大学卒業式の3日後、英語学習という目的以外に、フィリピンという国自体には特に何の期待もせず、飛行機に乗り込みました。

想像と全く違いったフィリピン

正直、渡航前は「シャチョサン!シャチョサン !」のイメージが強く、フィリピンに対してあまり良いイメージはありませんでした。

だけど、住んでみて分かった「笑顔の街•バコロド」の人たちの優しさ、人懐っこさに感動し「どうしてこの人たちはこんなに幸せそうなんだろう」と興味を持つようになりました。

フィリピンの女の子をモデルに、日本のバンド8ottoを応援するプロジェクト「勝手に8otto応援企画!!」などを行い、現地の人と積極的に交流しながら、その秘密を探りました。

帰国後も、日本在住のフィリピンの子供たちに日本語を教えるボランティアを始めるなど、フィリピンに関われる仕事を探し続けました。

フィリピンで文化人類学的研究をしたい!

フィリピンに留学する人はいるけれど、フィリピン人一般家庭にホームステイしに行く人はいない。

文化人類学が好きなこともあり、次第に、フィリピンを知るためには、現地の人と一つ屋根の下で暮らし、同じ物を食べ、一緒に生活することが一番の近道じゃないかと考えるようになりました。

どうすればいいのか分からず悩み、フィリピン時代に一番仲の良かった、ぼくの英語の先生でもある友人のシャーリーに相談をしてみることにしました。

すると、あっさり

「うち、来ればいいじゃん!!」

と言ってくれました。

こうしてぼくは、友人シャーリーが住む家にホームステイをすることになったのです。

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど