憂鬱な気分を解消する3つの方法。【誰でも簡単今スグできる】




「もう何もしたくない、、、」「どうせ私なんか、、、」

人間誰にでも、気分が落ち込む時がありますよね?

ぼくも、ネガティブな性格で、気分が落ち込みがちなので、どうやったら気分が晴れるのか調べてみました。

その中から、実際に効果があった3つのことを紹介します。


スポンサードサーチ

気持ちを紙に書きだしてみる

あなたが今考えていることを、素直に紙に書き出してみましょう。

モヤモヤを言葉にすることで、「あれ?私こんなこと考えていたんだ!」自分の考えを客観的に見ることができます。

自分のノートに書いてみるのもいいし、ブログとして公開してみるのも良いでしょう。

同じ悩みを持った人からの反応があったりして、とても面白いですよ。

家のまわりを散歩をしてみる

頭で悩んでいることは、身体で解決する。意外に単純ですが、忘れがちなことです。

まずは、家の周りを1分でいいので散歩してみてください。歩いていると、不思議と気持ちがラクになりますよ。

気分が落ち込んでいる時には、出かけるのが面倒臭くなる可能性が高いので、そんなときは、何か目的を作ってみてください。
コンビニに行って飲み物を買う、公園でのんびり過ごすのもいいですよね。

美味しいものを食べる

人間には、睡眠欲、性欲、食欲といった生理的欲求があります。

気分が落ち込んだ時には、これらの生理的欲求を満たしてあげれば気分が嫌でもよくなるようにできているのです。

その中でも、1番簡単に生理的欲求を満たす方法が、”美味しいものを食べる”ということです。

美味しいものを食べながら”ふざけるな!何でこんなに美味しいんだ!”と怒る人っていないですよね?

何でも自分が美味しいと思うものでいいので、試してみてください。

さいごに

いかかでしたか?

「何もする気が起きないから落ち込んでいるのに、そんなことできないよ」と思われた方もいると思います。

確かにそんな時は、何をやっても効果が感じられず、本当に辛いですよね。

ですが、ぼくの実感から言うと、劇的な変化はないかもしれないですが、毎日続けることによって、少しずつ改善していくと考えています。

今日紹介したのは、ぼくが試して効果的だった3つだけを紹介しました。あなたの苦しみが少しでも軽くなってくれたら幸いです。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど