ニューヨーク、ペロタン、ガゴシアン、PACEギャラリー巡り

ニューヨーク旅行記 85日目

9月26日(木)
ニューヨークで活躍している人は、どうやって日々の生活を設計して生きているのだろうか、過去のことを振り返ったりするのだろうかと疑問に思い、いま僕の身近にいるニューヨーカー、宿のオーナーさんに「日記とか書かないんですか。」と聞いてみる。

「そんな女々しいことしないよ。過去は振り返らない。未来のことで頭いっぱいだから。」

その答えを聞いて言われてびっくりする。

未来のことを考えていたらそうか、過去なんてどうでもいいのか

未来のことを考えていたらそうか、過去なんてどうでもいいのか。
そうか。え。そうか。え。そうかなのか!?

そんなものは人によって違うだろう。けれども、少なくともいつか絶対虚しい気分になって

「ぼくの人生ってなんなんだろう。」とため息ついていることを想定して、その時の自分を慰めるために日記を書いている僕っていったい、どんだけ後ろ向きな性格なんだろう。

未来のこと考えて生きている人ってとても楽しそう。未来のことか。見えるような見えないような。

ギャラリーをまわる。

夜中の5番街をウィンドウショッピングしてまわる。
途中、カールトンホテルがあったので入ってみる。

<

(何者かによって窓が割られた!)

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど