ニューヨークのルーフトップジャズライブ。この美をどう伝えよう。

ニューヨーク旅行記 74日目

9月15日(日)

サブウェイの先頭車両に乗ってみる。

車掌さんが見るガラスに顔をひっつけてみる。線路が見えて迫力が全然違う。テンション上がる。

心なしか、いつも見ているサブウェイからの風景が美しく見える。

ニューヨークブルックリンブリッジを渡る

ニューヨークブルックリンブリッジを渡る。

風が気持ちいし、空は青いし、すごい感動する。

ふと、この美しさを誰かに伝えたいと思う。どうやったら説明できるのかなあと考える。

ふと、これを言葉で説明しようと考えること自体がアホであるという事に気がつく。

他人任せの性格の影響でか、自分は色んな事を言葉任せにしているかもしれない。なんでもかんでも言葉で説明しようとしている。言葉が上手じゃないくせに。

写真撮っちゃえばいいじゃん。

特にこんなん絶対、言葉にするより写真で見せた方が早い。表現手段なんかいくらでもあるのに、どうして僕は今までそういうものを上手に使ってこなかったのだろうか。

写真を撮って、音声を録って、それをネットにアップロードすればいいじゃないか。他の人にも直接伝えたいなら、そのファイルをiPadにでも入れていつでも持ち歩けばいいじゃないか。

写真と音声と、自分の言葉での説明があれば、だいぶ相手に分かってもらえるような気がする。

写真も一枚とかケチらずに何枚もいっぱい撮ればいいじゃないか。そうすれば完璧じゃないか!

※ ブルックリンブリッジの音
エンパイアステイトビルが見えるビルの屋上でジャズのライブを聞く。
いいなあー。気持ちがいいですね。ニューヨークって屋上たくさんあっていいですね。
今日はイタリア色のライトアップ。

帰りの電車で再び、サブウェイの先頭に乗る。
冒険しているようで楽しい。

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど