ニューヨーク、セントラルパークでストロベリーフィールズを見る

ニューヨーク旅行記 68日目

9月9日(月)

なんだか調子が悪い。

朝型まで寝れなかったので、これではインターンできないと思って、インターン先のギャラリーに連絡する。なんとか水を飲みまくって寝る。

美味しい空気を吸うためにセントラルパークへ

16時頃目がさめる。

だいぶ調子が良くなってきたけど、美味しい空気が足りない。
美味しい空気を吸うためにセントラルパークへ行くことを決める。

サブウェイに乗る。あともう、ニューヨークにいられるのもちょっとだな帰りたくないなとしみじみ感じる。

女性ストリートミュージシャンのハープ演奏を聴く

セントラルパーク入口前の59st 5Av駅で降りる。女性ストリートミュージシャンのハープ演奏を聴く。なんて優しい音色なんだろう。

紳士服を着たおじいさんが近寄ってくる。「いま、結婚式やってるんだけど、そこで弾いてくれないか。」女性、おじさんたちについていく。
こうやってビッグドリームって始まるのかなと思う。

ニューヨーク草野球を見る。

ニューヨーク草野球を見る。

審判のオッサンの「ストライク!」の声が一番大きい。楽しそうでいいな。

セントラルパーク・シープメドウというでっかい芝生広場へ

シープメドウというでっかい芝生広場で横になる。安らぐ。ニューヨークのど真ん中にこんなにもでっかい自然の公園があるなんて。こんなにも安らげる場所があるなんて。

ニューヨークに住みたいと思うのはセントラルパークの存在がでかい気がする。深呼吸できる場所がある土地がいい。

ストロベリーフィールズへ

ストロベリーフィールズ、ジョンレノンの「IMAGINE」の石碑を見る。

ブライアントパークで物思いにふける

ブライアントパークで物思いにふける。ニューヨークに来たはいいけれど何をしているのだろう僕は。なにがしたいんだろう。

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど