ニューヨーク、ロウアーイーストサイドのライブハウス、ケーキハウス

ニューヨーク旅行記 50日目

8月22日(木)

~50日目~

なんとなく図書館へ。

ボーっとする。

ロウアーイーストサイドにあるケーキショップというライブハウス

ギャラリーのオープニングパーティーで知り合った、日本語ペラペラのアングラ音楽オタクのアメリカ人、ルーちゃんに、ロウアーイーストサイドにあるケーキショップというライブハウスに連れて行ってもらう。5ドル。

ちょっと前までは、この地域が一番危険な場所だったらしい。浮浪者いっぱい、ゴミいっぱい。売春婦とかもいて、でも、そういう危険な空気を求めて色んな若者が集まってきたとか。そうなのか。

1階がカフェで地下が演奏ステージ。

思ったよりも安全そう。シールがたくさん貼ってある。日本のアメ村あたりのライブハウスに似ている。ちょっとがっかりする。

ニューヨークのバンドって、なんかもっとすごいと思ってた。

前座の二組、そして、メインのシンガポールからやってきたポップバンドを見る。

演奏下手すぎ。え

ニューヨークのバンドって、なんかもっとすごいと思ってた。

お客さんは、わーとかきゃーとか騒いでいる。

外国行ったら、レスポンスが良いとかよく聞くけど、それってただ単に、わーきゃー言わせられるレベルが低いからなんじゃないかと思う。この人たちは、何を見ていて、何を感じて、こんなに熱狂しているのだろう。さっぱり分からない。

こっちはやっぱり、めちゃくちゃ上手いかめちゃくちゃ下手かのどっちかなんだな。ご飯でも何でも。

日本だったら、何でも平均は高いけど、飛び抜ける人がいない。

でも、5ドルで見れるってことは、ああ、まあ、そういうことか。

絶対僕がやった方がかっこいいのになあ。はやくこっちでもバンド活動をしたい。

贅沢が人を進化させるんだよ。って誰かが言っていた。進化なのか、それは。

持っていないものと持っているものを数えてみると、持っているものの方が圧倒的に多い。

なのに、どうしてこれ以上、何かを欲しがろうとするのか。もう、よくない?人に喜びを与えられるまでもなく、もうすでにたくさんの喜びを得ているような気がする。

もう充分じゃん。贅沢だなあ。でも、贅沢が人を進化させるんだよ。って誰かが言っていた。進化なのか、それは。

ぼく、絶対、お金儲けとか何とか向いてないと思う。自分の頭で物事を考えるのが本当に嫌だ。吐き気がする。公務員にでもなった方がいいや、きっと。変わりたくない!めんどくさい!奴隷は楽だ!

シンガポールから来たバンドのお客さんらしき、金日正っぽい巨体の男が頭の中で暴れている。はやくどっか行ってください。

なんだか色々めんどくさいよね。ねねね

1時30就寝

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど