ニューヨーク、マンハッタンで日本の教育について激論!

ニューヨーク旅行記 41日目

8月13日(月)

用意をして地下鉄へ。

14時、アートギャラリー到着。

作品のセッティングとライティングをまかされる。

え。僕がやっていいの!?

オープニングパーティー始まる。

いろんな人と話す。

接客の練習ということで「この作品についてどう思いますか。」と御客さんに聞いてみる。

うんうん、とうなづくのは良いけれど、英語が速過ぎて分からない。

会話が途切れる。

宿に帰って、そこにいた人たちと話す。

やっぱり僕は、教員が嫌いなんだな。と気づく。

なんであの人たちは、あんなに威圧的なんだろう。アホのくせに。

教員が悪いのではなく、本当は、システムが悪いだけなの分かってるのに、自分が学校教育で散々ひどい目にあったからだろう、こんな考えになっちゃってああ。

そのまま朝まで、教育論とか話して7時就寝。

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど