ニューヨークの地下鉄で本場の奇人、唾吐きババアに遭遇!音声あり

ニューヨーク旅行記 12日目

7月14日(日)

急いで準備して、地下鉄に乗る。

地下鉄の中を唾を吐いて回るババア!みんな避けてる!すごい!音声あり!

唾を周りにまき散らす、唾吐きおばさんにに遭遇。

みんな、逃げる。

本場の変質者に出会えてテンション上がる。

狂った人に対する扱いは、日本もニューヨークも同じなのだなあ。

ニューヨークの教会で絵画アーティストと友だちになる

13時、教会到着。

ニューヨークで絵画を勉強中の学生、イサクさんと友達になる。

聖書に出てくる名前じゃん!とテンション上がる。

今度、制作場所を見せてもらう約束をする。

日本語の喋れるアメリカ人、トニーさんに「とにかく、とにかく、トニーです。」と自己紹介される。

デーブスペクターばりに、ずっとダジャレ言ってて、どうしていいのか分からなくなる。

テンションの違い、余裕の違いに、圧倒されて顔がひきつる。自分の不甲斐なさに打ちのめされる。


エレファントカシマシ「風に吹かれて」頭の中で流れる。

ニューヨーク公共図書館に移動する。閉まっている。ああ

NEW MUSEUM(ニューミュージアム)へ

あんまり、面白い作品は展示されていない。

ただ、壁がグレイと、ブラック、という所が他の博物館と違う。
意味は分からないけれど、センスがいいな。と感じる。

ニューミュージアムの屋上に行く。見晴らしがいい。

僕はやっぱり、高い所が好きだ。

ミュージアムストアで、セール品の、5ドルTシャツを買う。なかなかセンスがいい。ありがとう。

18時ニューミュージアム閉館。外へ出る。

ニューヨークの金髪姉ちゃんに道を聞かれてテンション上がる

「ここはブロードウェイか?」と金髪姉ちゃんに聞かれる。「ここはブロードウェイじゃないよ。あっちだよ。」と教えてあげる。

ついに、道を聞かれるようになったか。しかも、答えられる。るるる。と、喜ぶ。

地下鉄の中で赤ちゃんが泣いている。だけど、あんまりうるさく感じない。なんでだろう。と考えてみると、

赤ちゃんの泣き声が聞こえないくらい、電車の走行音がうるさい事に気がつく。人の喋り声も、うるさい。なんだろう、この大らかさ、解放感。

チャイナタウンのベトナム料理屋へ

チャイナタウンのベトナム料理屋に入る。

とりあえず。美味しそうなヌードルを注文する。美味い。味もアッサリしてて、胃に優しい。

これで、中華、メキシカン、ベトナム、安くて美味い料理を3つ見つけたことになる。

他の客に文句ばっか付けてる謎のおじさんを見つける。店員に「あれ、誰と聞く」と、「知らない。」と言われる。どこの国にも、変な人はいるんだな。と、しみじみ感じる。

嘘つくのが楽しいケラケラ

テキトーなウソをついている時が、一番楽しい。別に、誰かを落とし入れるウソじゃない。ウソでも何でも言っとけば、本当になる気がする。

ただ、妄想した事を、一人、つぶやく。ケラケラ笑う。ただただ願う。そうやって、今まで、ウソが本当になってきた。
ずっと、ウソをつき続けよう。楽しいウソを。

ゲストハウス、ムーンパレスに戻り、シャワーを浴びる。
午前1時就寝。

どんどん寝る時間が遅れてきている。ああ

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど