モデル脚長っ!ニューヨーク台湾大使館ファッションショー参加




スポンサードサーチ

ニューヨーク旅行記 84日目

9月25日(水)

地下鉄に乗る。

外人の子供がいっぱいて可愛い。

たまに、そっと連れて帰ろうかなあ。と思う。

でも、連れて帰って何がしたいかというと、特に何もない。彼らだって、常に笑顔なわけじゃないし、ご飯だって食べさせなきゃいけない。

泣いたりわめいたりしたら、どうしていいのかわからない。いざ自分が責任をもって子供の面倒を見るとなるとね。ああ。ああ。めんどくさい。カワイイとこだけ、オイシイとこだけ味わいたいと思うのです。よ。よよよ

甥っ子と叔父の関係、孫と祖母の関係、そういういいとこ取りができる関係で可愛い子供と触れ合いたい。

遊園地とか、連れてくぞー。僕には2人の弟と1人の妹がいるので、そのうちに願いが叶いそう。はやくはやく。ああ、とにかく子供は。かわいい。

ニューヨーク台湾大使館取材ファッションショー参加

知り合いが偶然、道端でゲイのファッションデザイナーに声をかけられ、その誘いでニューヨーク台湾大使館で行われた台湾のファッションブランドのショーに参加。

ラーメン屋「BASSANOVA」へ

ゲストハウスのオーナーさんがやっているラーメン屋「BASSANOVA」にいく。

グリーンカレーラーメンを食べる。

ヘアサロンカットモデルに

ヘアカットモデルとして髪を切ってもらう。
まんまるになって良い感じだ。
どうでもいいからとにかく変わり続けることが重要。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど