映画も音楽も絵画も文学も、人生にアートが必要ない人達。




映画ファイトクラブを見た。

人生に目的が見つからない、生きる意味が分からない無気力な主人公が、殴り合いの痛みの中に人生の意義を見出していく映画。

もう何回目になるか分からないけれど、人生の目的が、よく分からなくなったときに必ず見返す。

ふと、周りを見渡すと、グルメだ、ファッションだ、と、自分にとって、どうでもいいことばかりが話されている。

本当に、どうでもいい。

だけど、不思議なのは、なんでそんなどうでもいいことばかり気にして、生きていくことができるのかということだ。

人間は、必ず死んでしまう。

そんな、どうでもいいことに気を取られている暇はないはずだ。

どうせ、死んでしまう。

そう思ったら、答えを知りたくなってたまらない。

ぼくは、だから、映画を見たり、音楽を聞いたり、文学を読んだりするんだけど、他の人はそうではないのか?

不思議でたまらない。

世の中には、映画も音楽も絵画も文学も、人生にアートが必要ない人達がいる。

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど