文章で人を動かす!あなたがコピーライティングを学ぶべき理由

どうして、あなたはコピーライティングを学ばなければいけないのでしょうか?

人は言葉で考えるからです。

あなたがどんなに素敵な商品を作っても、どんなに手頃な価格を設定しても、魅力が相手に伝わらなければ意味がありません。

知られない商品は、存在していないと同じことです。

では、どのように魅力を伝えればよいのでしょうか。

言葉で伝えればよいのです。

意思決定は言葉でおこなう

例えばこんな場面を想像してみてください。

あなたは今、コンビニの列に並んでいます。

レジの横に美味しそうなシュークリームがあります。あなたは気になり手にとります。

その日は、朝から何も食べていません。時刻は13時。お腹がグーッとなっています。仕事でのストレスからか、甘いものが無償に食べたいと思っていたところです。

よく見ると「30%OFF」シールが貼ってあります。しかも、残りは1つだけ。

前に並んでいたお客さんがいなくなり、いよいよ自分の番がやってきました。

さあ、どうしますか?

あなたは頭の中で一度、次のような言葉を思い浮かべるはずです。

シュークリームを買う?買わない?

買うか止めるか迷っている間にも時間は経過していきます。ふと、人の視線を背後に感じ、あなたは後ろを振り返ります。

そこには物欲しげな表情の女性がいます。あなたが買わないのなら、私に譲って?言葉にはしないけれど、明らかにそんな意図を感じ取ります。

あなたは決断しなければなりません。

さあ、どうしますか?

シュークリームを買う?買わない?

どうですか?最終的な意思決定を言葉でしているという意味が、分かっていただけたのではないでしょうか。

コピーライティングは、相手に伝える技術

言葉を上手に使えるようになれば、人の意思決定に影響を与えることができます。

しかし不思議なことに、いざ自分が言葉(コピーライティング)を学ぶとなると、多くの人がつまづいてしまいます。

普段から言葉を使い、自分の思いを他人に伝えて日常生活を送っているにも関わらずです。

なぜでしょうか。

言葉を話せることと、言葉を使うことができることは意味が全く違うからです。

コピーライティングとは、ふだんあなたが無意識のうちに話している言葉を、相手に伝えるために使う「技術」なのです。

コピーライティングの目的は人を動かすこと

コピーライティングの目的は「人を動かす」ことです。

ビジネスの場合では、商品の魅力を伝え、売ることです。

ものの魅力を伝えるためには、日常的な言葉つかいではいけません。

「商品を売る」ための言葉を使う必要です。

しかし、コピーライティングは技術ですから、練習していく必要があります。

料理でも裁縫でも、いきなり上手な人はいません。

誰でも最初は、丸焦げにしてフライパンをダメにしてしまったり、塩のさじ加減を間違えて、とても口にすることができないようなものを作ってしまうのです。

だからこそ、あなたはコピーライティングは意識的に学ばなければいけないのです。

さいごに

今回は、あなたがコピーライティングを学ばなければいけない理由を、ビジネスの観点から考えてみました。

もちろん、文章を書く目的はそれだけではありません。

しかし、コピーライティングを勉強すれば、デール・カーネギーの言う「人を動かす」が言葉でできるようになります。

ぜひ勉強してみてください!

追記PR

ブログを通してのアフィリエイト、お小遣い稼ぎ、ビジネス展開を考えている方には、次の2冊もおすすめです!無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。DroneAgentでドローンの記事を書いています。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど