世間に認められたものに、純粋な愛は生まれない。三島由紀夫が語る愛

結婚など、制度の中で守られ、世間に認められたものに、純粋な愛は生まれない。愛する人と書いて、愛人。確信をついた言葉ですね。世間的には不倫なんて言われてアウトなのでしょうが、アウトだからこそ、より純粋であるという。三島先生すごいです。

「文学というのは認められないもの、人から嫌がられるもの、除け者にされるもの、そういったものの中から純粋性を汲み取る。」










ABOUTこの記事をかいた人

「現代アート×ドローンで未来を創造する!」 現代アートが好きで大阪芸大卒業後、ニューヨークで芸術を学んでいましたが、ドローンの魅力に目覚めドローン業界へ転身。黎明期のドローン業界の発展に貢献します! 執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIA,Drone Agentなど