フィリピン留学に与える影響を考える–MicrosoftがSkypeの通訳アプリを年内にβ提供へ

英語からドイツ語(ドイツ語から英語)へのSkype同時通訳サービスが開始されるらしい。

Microsoft、Skypeの通訳アプリを年内にβ提供へ

英語を学ぶためにフィリピン留学する人たちはどうなるのだろう。

恐らく、大半の人は


「安くて日本から近い」

という理由で留学先にフィリピンを選んでいるだろうから、激減するだろう。

フィリピン留学の楽しさって、ホスピタリティ溢れる先生たちとケラケラ笑いながら学ぶ事ができる所にあると考えている。

そういう「体験」の部分をもっと打ち出していかないと、せっかくブームになったのに終息していくに違いない。

ぼくの場合は、フィリピン人と「どっか行こうよー。」「やだー。暑い―。」とか言いながら、ゆるーく遊ぶという目的があるから、これからもフィリピンに行き続けるけど。

せっかくみんなが、フィリピンに興味を持ち始めているのに何だかなあ!!

何年先に、日英版のサービスが始まるか分からないけど、とても気になります。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。大阪芸大卒後、助成金を得て渡米、ニューヨークで修行。画家のアトリエで居候、色々あってWEB編集者に。新しい働き方の実験として、ストアカでライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIA,Drone Agentなど