広島県尾道市より、ケロリンへ。④

お久しぶりです、絵里(リンダ)です。

 

 

 

 

年末年始は関西に帰っていました。

これまでの仕事は元旦のみ休みで、それ以外はもっぱら働いていましたが、昨年秋に尾道に越して、新しい仕事を始め、初めての年末年始はなんと五連休でした。

当初関西で過ごす大型連休を楽しみにしていたのですが、実際に帰ると結局は大半を家のなかで過ごしました。

 

 

地方都市と都会はやはり、街ゆく人の数がちがう。外に出てたくさんの人とその流れに出くわすのが嫌だったのです…。

27年間暮らし続けた大阪育ちの私ですが、どんどん人混みが苦手になっていきます。

今回、年の瀬の街の流れにいよいよついていけなくなったことに気がつきました。

 

尾道に暮らしながら、街に出る機会にぜひ買おうと思っていたものも、人の流れや流行を前にするとそれまでの欲求がかき消され、すり減るようになくなってしまいます。

そして、改めて考えるとそこまで必要がないのだと、気がつきます。

(今回の私のばあい、古着や調理器具、レトルト食品など…)

 

街を選び、暮らしを見直すと質素になっていきました。今あるものを大切にしようと、以前より考えるようになりました。歳のせいかもしれませんが…

ただ、その代わりにこちらにはシェアや譲渡の文化があります。

ほしいタイミングにほしいものが巡って来れば、そういう運命だったということで、小物、家具家電、車や物件も、ご縁がつながればほぼ無料で手に入ります。

 

なんとなく頭に浮かんだそれは、本当に購入までして手に入れたいものなのか?

こちらには気の利いた古着屋も無印良品もありませんが、毎日豊かな気持ちで暮らしています。

 

今あるものを大切に、そうやって日々を暮らしています。

 

ケロリンも、どうぞ日々を大切に、風邪をひかないように。

 

 

 

絵里(リンダ)










ABOUTこの記事をかいた人

1988年 大阪府生まれ 大阪芸術大学 舞台芸術学科 舞台照明コース 卒業 演劇と写真と喫茶が好きです。 instagram:@eeek1988