広島県尾道市より、ケロリンへ。②

2017年12月3日。おとなりの島、向島での写真。

季節が深まっていきます。

こんにちは、絵里(リンダ)です。

 

第二稿目は「移住」という言葉についてです。

 

先日、市内で催されたある会にて、

隣町の方に、今秋からの移住であることをお伝えしたら、

「わ〜、最近テレビで見ました。

本当にいるんですね〜。握手してください。」

と言われました。

 

移住という言葉がどうも一人歩きしているように思います。

正確にいうと、メディアによってそそのかされて歩き回っているような・・・

 

確かに移住者は多いですが、移住はトレンドではありません。

 

例えば、吉祥寺から三鷹に引っ越すのも同じ。

全く特筆することではないのです。

注目することでもない。

 

移住者からすれば、結果論です。

 

私にとってのこの街は、あるべき場所、心地の良い場所です。

居心地が悪くなれば、また条件が合わなければ、もちろん離れるつもりです。

 

移住したとて合わなくて去っていく人たちもいるし、

ここで芽が出なかったクリエイターもいます。

 

 

世間一般的にいい街かどうかも定かではありません。

特別なことはまったくありません。お勧めできることもないです。

あくまで、自分にとって好都合であっただけです。

 

いろんなイメージが作られ、広がっていくので、

あまり名乗りたくないものです。

 

 

私には私の名前がある。

「尾道」「移住」は、名字ではないぞ!

 

絵里(リンダ)

 










ABOUTこの記事をかいた人

1988年 大阪府生まれ
大阪芸術大学 舞台芸術学科 舞台照明コース 卒業

演劇と写真と喫茶が好きです。

instagram:@eeek1988