人と人とを繋ぐハブになること。【人生を豊かにするコツ】




いつもフィリピンのアート事情についての記事を寄稿してくださっている知人の画家・近藤太一さんが、ぼくが以前出演させていただいたPodCast番組「あさ会話」に出演することになったそう。

人と人とを繋ぐハブのような人間になりたいと思っているので、とても嬉しい。

なぜ、ぼくが「人と人とを繋ぐハブのような人間になりたい」と思っているかというと、勝手に尊敬している思想家・内田樹先生の言葉の影響が大きい。

サッカーでもバスケでも、パスを出す人に一番ボールが集まる。

人間関係において「誰かを知っている」というのが仮に「手持ちの資源」だとして、それを「必要としている人」へ、パスすることができるのなら。

人間関係が一番豊かになるのは、パスを出す人なのではないかと。

ぼくは豊かな人間関係に恵まれて生きたいので、積極的にそうすることにしているというわけです。

“けろりん(ぼくのこと)、パスを出せ!” Daisuke Enomoto ©

実際に、いろんな人を紹介してくださっている先輩からも、よく言われていたし。

もちろん必要のないところにパスを出してもしょうがないし、紹介された方も迷惑なので、お互いにメリットがある場合にしかしないけど。

人と人を繋ぐのは、人生を豊かにするために大切なこと。

ということで、近藤太一さんの出演、楽しみ!

近藤さんの記事はこちら

フィリピンは現代アートバブル!日本人だけが知らない富裕層たちの世界

誰もがコレクター!フィリピンの現代アートイベント「ART IN THE PARK」

アートフェアフィリピン2018現地レポート【富裕層の投資先は芸術作品】

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど