キュウリが好きだという理由だけで河童と呼ばれる友人K。

キュウリが好きだ。という理由だけで、「河童」と呼ばれる友人K。

河童と言えば。

河童は相撲が好きで、川で泳いでいる子供たちをよく相手に誘うらしい。

意外に知られていが、河童は人間の大人よりも腕力が強い。だから当然圧勝する。

しかし、そんな子供たちにも唯一、勝てる方法がある。

それは、河童にお辞儀をさせること。

河童は、頭の皿の水がこぼれると死ぬ。もしくは力が出なくなる。

お辞儀をさせれば、水がこぼれる。

結果、勝てる。

という訳です。

夕食に食べたキュウリの漬け物を見て、ふと思い出しました。

素直に子供たちの言う事を聞いて水をこぼして死んでしまう河童って、想像すると何だかカワイイな。

以来

「キュウリが好きだ。」

という人が目の前に現れるたびに

「あ。この人、河童なのかもしれない。」

と心の中でつぶやくようになるのでした。

そういう人に限って、Kappaのトレーニングシャツを着ていたりして。

河童が人間に化けて、同じ世界を生きているなんて、なんだかワクワクしますよね。ねねね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど