経験にお金を使う価値は20代が最高!その中でも移動に使うべし!




食べ物や服装への関心が低く1000円でも払うのは嫌なのだけど、移動費用に関しては、いくらでも出していいと思ってしまう不思議さ。

事実、今回の香港、中国・深セン、韓国・ソウル、イスラエル旅でも移動費だけでも30万円くらいかかっているが、なんとも思わない。

なぜなら、新しい体験ができるから。

新しい体験なら、食べ物や服装でも同じじゃないかと思うかもしれないけど、ぼくは、残念ながら「ものごとの”微差”」があまり分からない体質(なんでも美味しいし、誰でも美人にみえるし、どこでも寝れる)だ。

なので、大きな違いを追求すると、まったく違う世界観の場所にいくことに対する投資が最優先となってしまうのです。

大きな差が分からないと、小さな差が分からない。こともないけど、大きな差をゆっくりでも知っていけば、いずれば小さな差も分かるようになるのではないか。

鈍感過ぎて永遠に分からない気もするけれど、本質的なことは絶対、微差の中にあって、もっとアートのこととか分かりたいので、彫刻のように周りからゆっくり削っていくしかないと思っています。

ということで、八百万の神の国、自然豊かな国・日本とは全く正反対の国、厳しい砂漠、絶対的な一神教の神が生まれたイスラエルにやってきました。

イスラエルの治安は悪くない!人は優しいし英語も通じる文化的な国。【ビーチも綺麗】

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど