ホームレスを他人事とは思えない




今もし、仕事がなくなったら、ホームレスになってしまうかもしれない。

先日、新宿御苑に梅を見に行った帰り、道端でダンボールを被って寝ているホームレスの人がいた。

ほとんどの人が無視して通り過ぎていったけれど、ぼくは、その光景がとても他人事とは思えなかった。

彼らは、どうしてホームレスになってしまったのか。

仕事がなくなったのか、家族から見放されたのか、友達もいなかったのか。

きっと、金の切れ目が円の切れ目で周りの人から捨てられてしまったのではないだろうか。

僕も、いま仕事がなくなったら、少しのうちは友達の家に転がり込めるかもしれないけれど、そう長くないと思う。

実家に帰ればいいじゃないかと思うかもしれないけれど、ぼくの実家の構成員は「公務員になれ教団」の一味なので、考え方が合わない。公務員にあらずんば人にあらずなので、人扱いされない。

ああ、そうしたら、一転、ホームレスだ。

家賃が払えるうちは今の家にいられるけど、蟻地獄。

とても他人事と思えない。くわばらくわばら

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど