二重まぶた至上主義に反対!一重コンプレックスは強烈な個性だ

参照:二重は本当に「正義」なの? 一重コンプレックスが「個性」に変わるとき

「似顔絵描いてあげるね。」と言われて、ササッと2本の横線描いて目を表現されたとき、その悪意のなさが逆にショックで、このまま能面になりたいと思った記憶を思い出しました。

ぼくも細い目は気にしていましたが、世の中は広くて、ケニア在住の女子大生から突然「あなたの細い目が、たまらなくセクシーです!LOVE!」というメッセージが来たこともあるので、まあ、最悪アフリカに行けばいいんや。と悟り、だいぶ余裕をもって生きれるようになりました。

ただ、寝てないのに「寝るな!」って、アタマ引っ叩かれるのだけは、なんとしたいと願う今日このごろです。

画像引用元:二重は本当に「正義」なの? 一重コンプレックスが「個性」に変わるとき










ABOUTこの記事をかいた人

「現代アート×ドローンで未来を創造する!」 現代アートが好きで大阪芸大卒業後、ニューヨークで芸術を学んでいましたが、ドローンの魅力に目覚めドローン業界へ転身。黎明期のドローン業界の発展に貢献します! 執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIA,Drone Agentなど