「女」と呼ばれる”麻薬”について

①「あなたは快楽主義者なんだよ」と女の人に言われた。ハッとした。女の人ってずっと、麻薬だと思ってた。ハマったらお仕舞い、抜け出せない、だからこそ魅力的。そして僕は、絶対にハマる種類の人間。だからずっと、手をださないでおこうと思った。

②だけど、20歳にもなって、女の人と付き合ったこともないなんてちょっと、まずい。誘惑に負けちゃってもいいんじゃないか、そう思って、好きな女の人に告白をした。初めて手を出してみた。けど、無事、フラれて終わった。

③女の人は麻薬なんだ。絶対。そう思う。もう僕、手、出しちゃったからお仕舞い。モテる人間じゃないし、僕。モテる人ならいくらでも女の人ゲットできるんだけど。麻薬ってなかなか手に入らない。

④ロックンローラーは、酒と女と煙草とギター。って言われてるけどやっぱ、ちょっと頭おかしい人じゃないと、それには手を出してはいけないんだと思った。それに快楽しか求めない人は絶対。

⑤「あなたは快楽主義者なんだよ」なんて、村上春樹の小説みたいだ!と思って、ちょっと興奮した。←バカ。

⑥てか、快楽主義って何だ。なんか、ちょっと意味が違う気がした。撤回!

⑦「あなたは快楽主義者なんだよ」ってきっと、「あなたは自分の欲望を満たすこと、それが快楽だと思っている。そして、あなたはその快楽を追究すること、悪く言えば、貪ること、それだけにしか興味がない、そういう人間なんだよ」そういう意味だと思った。なるほど。あ。サイテーだわ、僕w

⑧なるほど、女の人にフラれる訳だ。なるほど。自分でツイートしてる間に自己完結しちゃった。ちーん

⑨自己完結?というか、モテない理由が分かってしまった。残念。

⑩あ。そいえば「麻薬に手を出しているなら私に関わらないでください。正気とは思えません」って言って、フラれたっけ。全てが繋がっていく~

⑪ま、僕が女ならそんな男が好きだけど!←結論、ナルシスト。僕はナルシスト。やっほー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど