飽きっぽい性格は長所だ!短所に気づけば人生がガラッと変わる。




こんにちは、何かに夢中になってもスグに飽きてしまいます、アイミヤ(@aimiya121)です。

小学校の時から、ハマっては冷めたものを上げてみると

  • ジャッキーチェン
  • プロレス
  • バンド活動
  • 宮台真司
  • フィリピーナ

などなど、よく分からないものも含め、熱中してはすぐに冷めてきました。今ではドローンが好きで仕事になっていますが、今後どうなるのか分かりません。

飽きっぽい性格の最大の問題は、知識を深める前に次々と別のことに目移りしてしまうため、1つのこと、専門性がつかないことです。

このまま自分は、何の専門性も身に着けずに人生を終えていくのだろうか。続けたからこそ見ることができる深遠な世界を見れずに死んでいくのか・・・と虚しい気持ちになっていたのですが、最近、考えが変わりました。

ちょっと待てよと。もしかしたら「飽きっぽい」のは、短所なのではなく「長所」なのではないかと。

スポンサードサーチ

いまさら性格は変わらない。受け売れるしかない

なぜそんなことを思うようになったのかというと、最近、歳のせいもあるのですが、「あ、もう性格は変わらないだろうな」という諦めが生まれてきたからです。

いつまでたっても朝は苦手だし、目は細いし、それを今更変えるのは目が細いという身体的特徴を無理やり手術して二重にするくらい無理があるのではないかと感じたのです。

だったら、受け入れようと。

「飽きっぽい」と自分が短所だと思っているものが、仮に長所だとしたら、どんな良いことがあるのだろうかと考えることにしたのです。

”飽き性”な性格も役立つときがある

実際、飽き性だからこそ、今の役立っていることがあります。

たとえばぼくは、広く浅く多くのことにハマってきたので、たいていどんな話題についても合わせることができます。

小学校のときは、深夜に放送されているプロレス番組を録画して真面目に見て、雑誌も読んでいたため、その次代の話題であれば、かなりコアな部分についてもついていけます。

バンドも中学校のときから音楽にハマり、ラップ、メタル、ロック、ブルース、クラシックと一通り聞いてきて、大阪芸大時代にはマニアの先輩たちから、かなりアングラな音楽も教わりました。

1つのことだけ圧倒的にやってきた人には勝てませんが、そんな人はそもそも滅多にいないので世の中の大半の人とはうまく話ができます。←これに価値があるかは別問題ですが。

長期的にみたら、もしかしたら、飽きっぽいことは悪くないかもしれないのです。人生100年と言われてる時代ですし。

短所と長所は表裏一体!欠点を見つめて羽ばたこう

実は、脳科学者・茂木健一郎先生も「短所と長所は表裏一体」と言っています。

「飽きっぽい」「長続きしない」が欠点だと思っている人は、言い換えれば、好奇心が旺盛、新しいことにチャレンジできる人です。

こうやって自分の負の性格に裏側から光をあててみると、自分が欠点だと考えていたことが、案外自分の勝手な思い込みであったことに気が付きます。

「自分はダメ人間だ」という思い込みの闇が深ければ深いほど、見える光も圧倒的なものになるのです。

つまり、飽き性は、治す必要なんかないんです!そこらへん詳しくはこちらをご覧ください。

長所と短所は表裏一体!自分の強みをたった5分で見つける方法

さいごに

飽き性だからこそ、普通の人より、色んな世界を見ることができます。

人生一度切り!圧倒的な体験をしてやりましょう!

長所と短所は表裏一体!自分の強みをたった5分で見つける方法

スポンサードサーチ



ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど