ドタキャンされて初めて自分がその程度の人間だと分かる。




ドタキャンされるとすごく凹む。

先日開催したイベントでも、数人にドタキャンされた。

なんでだ!ってすごいショックで落ち込んだ

だけど、よく考えてみると、僕だって昔はよくしてた。

だから分かる。

そういう時って実は、心の中で「あー。めんどくせー。そこまで行く価値ねえんじゃね?」と思っているのだ。

ぼくは、そう思っていた。すっぽかしても平気だった。めんどくせえ、と思ったら自然と風邪ひけた。

だから、そんな事で落ち込んだって仕方が無い。彼らは何にも悪くない。

だって、ぼくの好きな人、例えばレディーガガが「イベントやるから来てね!」と言ってきたら、ドタキャンなんて絶対しないと思うもの。会いに行って、直接いっぱい話がしたいもの。

ドタキャンされるようなヘボい人間である事を恥じよう。魅力的な人間になろう。

スポンサードサーチ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど