ジョジョの奇妙な冒険•荒木飛呂彦の魅力的なキャラクターの作り方

「キャラクターづくり」をテーマに、ジョジョの奇妙な冒険の作者•荒木飛呂彦先生がワークショップを行った映像の中で「キャラクター身上調査書」というアイテムを使っていることを明かしました。

「趣味」「将来の夢」「尊敬する人」から「口癖」「恐怖」「経済状況」に至るまで、数十個に渡る項目が網羅されています。

※詳しくは検索してください。画像がスグ出てきます

その中でも特に、父親や母親との関係「家族構成」が重要であると考えているとのこと。生まれ育った環境でキャラクターの性質がある程度決まるんだそうです。

また、全ての作業の中で、この項目を埋めて新しいキャラクターを作っている時が一番楽しい瞬間だとも明かしてくれました。

漫画家を目指している人はもちろん、小説家など魅力的なキャラクター作りが必須の職業を目指す人への良い参考例になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど