名俳優 菅原文太さんの死に感じる事

年をとるということは「ぼくもこんな風になりたい!」と憧れていた人物の死に直面し、それを受け止める機会が増えるということだと思う。

どんな凄い人でもいつかは死んでしまう。悲しい。と、いうより空しい。

けれど、そこから学べることがあると思う。どうせ死んでしまうこの儚い世の中をどう生きるのかということ。

もう一回、菅原文太が出演している映画を見直してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど