インドでモテた話

①去年の夏、インドに行った。僕は長髪だった。

②菩提樹の木の下でボーっとしていたら、インドの女子高生約20人に取り囲まれた。オヤジ狩りか!女子高生に囲まれるなんて初体験だったので心臓が止まるかと思った。

③その時ぼくは、髪の毛を結び、頭におだんごを作っていた。

『仏陀みたいだ!』女子高生約20人に囲まれた僕は、どこから来たのか、髪の毛は地毛か、彼女はいるのか、ありとあらゆる質問を浴びた。モテた

⑤『そろそろ行きますよ!』オバサンの声が聞こえた。どうやら、女子高生約20人は社会見学か何かで菩提樹の木を見に来たらしい。引率の先生らしきオバサンの号令に従って、彼女らがその場から離れようとした。その時。奇跡が起きた。

『握手してください。』なんと女子高生約20人が僕に握手を求めてくるではないか。僕に対する羨望の眼差し。女子高生約20人と次々に握手。あぁ、もう、死んでもいい

⑦僕はインドで、しかもお釈迦様が悟りを開いたとされる、あの菩提樹の木の下で、女子高生約20人に囲まれ、質問攻めにあい、仏陀だと勘違いされ、そして彼女ら全員から握手を懇願されるという奇跡を体験したのであった。奇跡。奇跡。これこそ奇跡。

⑧もう一度、インドに行きたい。インドに行って、またモテたい。女子高生に囲まれたい。その為には・・・。髪、早く、伸びろ。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。大阪芸大卒後、助成金を得て渡米、ニューヨークで修行。画家のアトリエで居候、色々あってWEB編集者に。新しい働き方の実験として、ストアカでライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIA,Drone Agentなど