浅草をスケッチ!Airbnbで水彩画アート体験をしてきた!

画家・田中拓馬さんによる水彩スケッチ講座「Let’s leave Japan with your history.」を浅草で体験してきました!

120分で学ぶ!思い出を1枚の絵に残す方法

田中拓馬先生による、世界最大の民泊サービスAirbnb(エアービアンドビー)の体験講座!

祖先を浅草に持つ田中先生による案内ツアー

AM10:30、浅草の雷門前に集合!

田中先生の先祖は戦前、浅草で料亭を営まれていました。

この地を知り尽くした先生だからこそできる、浅草案内ツアーが始まりました。

絵になりそうなスポットを丁寧に説明してくれる田中先生。

絵になるスポット発見!

絵になりそうなスポットを発見しました。

一枚の絵の中におさまるのか、指で四角マークを作って確認してみます。

最終的に決まったのは、浅草寺!

鉛筆スケッチからの水彩で色塗り

場所が決まったところで、ポストカードに鉛筆で下絵を描いていきます。

下絵ができたら、水彩絵の具で色塗り。

気をつける点は3つ!

  1. 遠くのものを先に描く
  2. 近くのもをより濃く描く
  3. うまく描こうとしない

教えていただいた点を頭に入れながら、自分で描き始めます。

完成した浅草寺!!

こちらが完成した浅草寺!!

かなり歪な形になっているけれど「Sensoji」と描いてあるし、分かる人には分かるか。。。

ヘッタクソだなー。。。

しかし、田中先生はこう、教えてくれました。

大切なのは、今日この瞬間を一枚の絵に残すこと。思い出をつくることです。

たしかに、いきなり上手くかけると思う方がおかしい。

早稲田法卒、異色の画家・田中拓馬さん

今回、教えていただいた田中拓馬先生。

元々は早稲田大学法学部出身、弁護士志望のスーパーエリートだったのですが、ひょんなキッカケで絵を描き始めることに。

いまではニューヨーク、上海、シンガポールなど世界各国で個展を開催されています。

みなさんに親しみあるところで言えば、日本テレビ系「おしゃれイズム」の壁画を制作されたこともあります。

もっと詳細をお知りになりたい方はコチラをご覧ください!

http://tanakatakuma.com/

9月はほぼ毎日開講

今回、体験させていただいた水彩スケッチ講座「Let’s leave Japan with your history.」は、9月は、ほぼ毎日開講されています!

田中先生は、本当に優しく親切に、それぞれのペースに合わせて指導してくれます。

絵を描くことに少しでも興味がある方は、ぜひ参加みてください!

※とっきておき浅草の名店紹介もあるかも!?

水彩スケッチ講座「Let’s leave Japan with your history.」
講座時間:150分
場所:浅草
持ち物:帽子(※熱射病予防のため)

https://www.airbnb.jp/experiences/73908

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど