現代アートの祭典!アートバーゼル香港2017現地レポート

ニューヨーク在住の現代アートコレクターの先輩の誘いで、アートバーゼル香港2017に行ってきました。

アートバーゼル香港とは

アートバーゼル香港は、世界34カ国から241軒の現代アートギャラリーが集結する世界最大規模の現代美術アートフェアです。

ガゴシアンギャラリー、PACEギャラリー、ギャラリーペロタンなど、アメリカ、ヨーロッパの世界一流ギャラリーはもちろん、

日本からは、現代美術家・村上隆のカイカイキキギャラリー、村上隆のかつてのパートナー小山登美夫の小山登美夫ギャラリー、ミヅマアートギャラリー、山本現代などが出展しています。

会場は、香港コンベンション&エキシビションセンター(HKCEC)です。

アートバーゼル会場内の様子

バスキア、ピカソ、マティスなど世界の有名芸術家のマスターピースや、

村上隆、奈良美智、大竹伸朗、五木田智央など日本人も作家も展示されていました。

こちらは、ドバイから出展されたギャラリーなのですが、中国・上海からのギャラリーと共に、西洋文化とまた違った質感の作品で個人的に興味深かったです。

初アートバーゼル香港の感想

アートバーゼル香港は、アートフェア東京などに比べて、審査も厳しく、出展料が高いらしく、経済的にも豊かな世界トップクラスのギャラリーしか出展することがきません。

世界の現代アートの流行とともにトップの基準を知れて良かったです。

しかし、アートバーゼルは、スイスのバーゼルやアメリカのマイアミで開催されるものの方が、香港の数倍の良いという話を聞きました。

来年はアートバーゼルマイアミも行けるように今から予定を調整したいです。

さいごに

アートバーゼル香港期間中は、走っている路面電車や、高層ビルの電光掲示板に広告が表示されたりと、街一体がアートの活気に包まれます。

また、たまたま行ったバーで、2019年には香港に建設中の美術館「M+ミュージアム」のキュレーターにたまたま出会って話ができたりと、アート作品を見る以外にも、アート関係者との思わぬ繋がりができたりします。

日本から香港までは、飛行機もLCCを使えば往復で3万円以下、入場料も1万円もしません。

現代アートに興味がある人、特にこれからアーティストを目指そうとしている作家志望の学生は、ぜひ来るべきだと思いました。

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど