美大生必見!英語と美術史を同時に楽しく学ぶ方法!

世界中の子供たちに無料で上質な教育を提供することを目的に設立された非営利団体「Khan Academy」(日本語サイトはこちら)が提供しているコース「Art1010」の動画からの紹介です。

子供向けに作られているので、イラストが次々に変わっていき飽きずに楽しく学べます。

使われている単語も難しくなく、例え理解できなくてもイラストのおかげで内容が自然に頭に入ってくるように工夫されています。

ぼくはこの動画、特に6:00〜描かれるイラストを見て

「西洋の文化は、古代ギリシャ•ローマを下敷きに作られている」

という事実が視覚的が上手く表現されていて、とても分かり易いと感じました。

現在、古代エジプトから始まり、19世紀の美術、近代美術、現代美術まで合計8つの動画が公開されています。

どうせ美術史を学ぶなら英語で直接学びたい!という人がいたらぜひ見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど