芸術はプロレスか。それともガチのレスリングか



芸術はプロレスか。それとも、ガチのレスリングか。

例えば、岡本太郎は、ガチのレスリングをしているようであり、リング上で上手くロープをさばいているようにも見える。

「芸術は爆発だ!」

など、試合終了後のマイクパフォーマンスも一流だ。

ダリの場合はどうも、プロレスの匂いが強い。

急にリングに上がってきて

元気ですかー!

と叫んでも何ら違和感がない。

またこの問題は、本人の資質はもちろん、社会情勢などの時代性も深く関わっている。

本人はガチのレスリングをしているのだけれど、時代がプロレス的であるなど。

どうだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。大阪芸大卒後、助成金を得て渡米、ニューヨークで修行。画家のアトリエで居候、色々あってWEB編集者に。新しい働き方の実験として、ストアカでライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIA,Drone Agentなど