カート・コバーンが死んだ年齢。27歳になりました。

27歳になりました。

27歳でGoogle検索すると「結婚」「転職」「恋愛」「貯金」「平均年収」「婚活」などなど、いろいろな言葉が出てきますが、どれもまったく興味がありません。

そんなことよりも「27歳」と言えば!

「27クラブ」の存在を抜きには語ることはできません。

27歳で死去した伝説のロックスター達の殿堂「27クラブ」

ロックの世界には、ロックスターがなぜか27歳で死去するという不思議な巡り合わせがあります。

魂と引き換えに悪魔からテクニックを身につけた」と言われている、アメリカのブルース歌手、ロバート・ジョンソン

ローリング・ストーンズの元ギタリスト兼リーダー、ブライアン・ジョーンズ

ギターを燃やしたり歯で演奏したりと、ギターの常識を覆した天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックス

元いじめられっ子、劣等感の塊しゃがれ声の女性ブルースシンガー、ジャニス・ジョプリン

アメリカのロックバンド「ドアーズ」のボーカル、ジム・モリソン

Smells likes teen spiritで一世を風靡し90年代アメリカのグランジロック界の寵児になったバンド「ニルヴァーナ」のボーカル、カート・コバーン

第50回グラミー賞で最優秀新人賞、最優秀楽曲賞等5部門を受賞したイギリスの女性シンガーソングライター、エイミー・ワインハウス

などなど。数々のロックスター達が皆27歳で死んでいます。

27クラブに入る可能性はゼロだが、自分も何かを歴史に残したい

ぼくはロックとはかけ離れた眼鏡男なので、27歳で死のうが生きようが、関係ないと言えば関係ないのですが、自意識過剰なので、万が一のことがあってはいけないと思い、「自分史~Personal History~」を作ってみました。

もしも今死んだら、きっと、この世からいなかったことにされそうで心配だからです。

彼らと違って素晴らしい音楽作品はないけれど、自分の生きてきた”人生という名の作品“だけは自分にもあると思うのです。(クオリティが低すぎるのが問題だが…)

1万字を超えるセルフインタビュー自分史

実は今日のこの日、27歳の誕生日のために、学生時代から定期的に文章を書き足して準備してきました。今では1万字を超えています。

ジャッキー・チェンとプロレスにハマった小学生時代、とにかくお腹が痛かった岐阜県での中学高校時代、インドやモンゴル、韓国などを行して回ったモラトリアム大阪芸術大学芸術計画学科時代、

人生で1番女の子と喋るのが楽しかったフィリピン・バコロド時代、絶望の愛知県自動車工場時代、などなど、ロンドンの天気並に移り変わりの激しい(基本的には暗い)ぼくの人生の歴史が記録されています。

お時間ある方は読んでみてください。

自分史~Personal History~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現代アート好きドローンライター。日中英で影響力を持つ人物になるべく瞬発力を鍛える日々です。岐阜出身、大阪芸大卒。フィリピンで英語習得後、助成金を得て渡米、NYで修行しました。執筆実績:LIG,グノシー,DRONE MEDIAなど