10/25・26 海雲台




☆「未来のことなんて心配しても仕方が無いじゃないですか。一生、今しかないじゃないですか。」と、口では言ってみるものの、30歳こえたらどうなっちゃうんだろう、仕事はあるのか、何して生きてるのか、という、漠然とした不安に襲われ、ありゃあ・・・と、呼吸が乱れてしまう。れっつ、深呼吸。

★逆腹式呼吸。

☆呼吸を極めるしかない。

★呼吸さえできれば。呼吸ができれば瞑想ができる。瞑想ができればトリップできる。トリップできたらやる気がおきる。やる気が起きたら勉強できる。勉強できたら、もう、それだけで幸せ!だから、まずは、しっかりと呼吸をすることを考えようと思う。そしたら、お金はなんとかなる気がする。

☆呼吸だ。武道だ。身体で考え、身体で生きる。

★「家を交換して住む」も、頭で考えず、身体で考える事をテーマにしてやったのだった。身体。僕なんか、頭で考えたって、だめなんだ、きっと。身体で考えなきゃ。

☆呼吸、武道、身体、第六感。

★深呼吸。読書。ストレッチ。そして、眠る。

☆闘う為には知識が必要でしょーーーーーーーーーーーーーーーーーー。読書

★読書をすること、他人の話をきちんと聞く事、ビートたけし的な照れ感覚を忘れないこと。

☆出家しようかな。。。呼吸を極めたい。

★悩んだら走ってみる。意外にスッキリ。走る、というのは、身体を動かすという、運動なので、気持が良い。楽器を弾く、というのも、要は、運動。だから、気持が良い。運動の快感を知っている人は得してるなあ、と思う。

☆「眠る、のではない。休むのだ。」byラララ・アイミヤスキー

★終電。寝過ごして、富田林まで行ってしまった。オワタ、、と思った。家まで、おそらく、徒歩約2時間。絶望。とぼとぼ歩いていると、大学2年の時にバイトしてたお店の先輩と遭遇。「おおぉお!!久しぶりやんけええ!!」と、何やかんやで、家まで車で送ってもらえることになった。感謝でごわすすす。

☆ららら~

★若いときにマルクスを読んで「一気に、徹底的に社会を人間的なものに作り変えるべきだ」と信じた若者は、その挫折の経験を通じて、「一気に、徹底的に社会を人間的なものに作り替え」ようとして人間が行うことは総じて「あまり人間的ではない」ということを学習します。by内田樹

☆こんな時間まで起きてしまっている。村上春樹の小説を1冊読み終わってしまった。神戸いいな、って、思ってしまった。うううう。17時からバイト。起きてたほうがいいかのかな

★村上春樹小説の台詞を女の子に言ってみたい願望。「やれやれ」みたいな。

☆市内に住みたいなあ、としみじみ。

スポンサードサーチ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生を「ワクワク」に捧げる男。「なんでも見てやろう」をモットーに、知的好奇心の赴くまま生きるWEB編集者。大阪芸大卒後、渡米。NYで修行中「なんとか目立たなければ!」とケロリンTシャツを着ていたら、あだ名がケロリンに。ストアカでWEBライティング講座開講中。https://goo.gl/yxQJN3 執筆実績:LIGなど